旧:おもにPSUぶろぐ(跡地)

アクセスカウンタ

zoom RSS Core2 Quad G0 on 変態マザーでパイ焼き

<<   作成日時 : 2007/08/03 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

とりあえず、Core2 Quad Q6600(G0)でスーパーパイ104万桁を行ってみました。
なお、軽くOC(FSB280MHz)、2.53GHz動作です。
Windows Vista Ultimate EIST有効
(XP SP2だとEISTがうまく働かず遅いのですが・・・
Vistaは正常にフルクロック動作してます)

画像

スーパーパイ1-4は、それぞれ別フォルダ、
各コアを割り当ててほぼ同時実行です。

ううむ、40秒台までおちますねぇ。
・・・E6600でこのようなパイ焼きは
試してないので何とも言えません。
なお、フォルダは4つとも同じHDD上なので、どうしても遅くなるかと・・・
といっても、P4 3EGHzは単体動作で58秒・・・それを考えれば十分早いですよぉ

スーパーパイ0はすべてのコア使用、単体実行です。
・・・てまあシングルスレッドだからどうでもいいのだが(汗

ううむ、E6600と変わらぬ23秒OCしなくても同じ23秒(爆
E6600@2.7GHzでは21秒だったので、Q6600も同じかも。
でもE6600で安定しなかったので試す予定ないですー

やっぱり、Quadの真価はWMVエンコですかねぇ。
TMPGEnc4.0、WMV9AP 1PassQualityVBR +WMA10Pro 2PassVBR
(レジストリはいじってます)
で、E6600で2時間40秒。
同じくらいのフレーム数でQ6600は2時間切ります(^O^)/

ちなみに、P4 3EGHzだと・・・6時間くらいだったはず(号泣
半分とはいきませんが、それでも40分以上の短縮はうれしいですねぇ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

Core2 Quad G0 on 変態マザーでパイ焼き 旧:おもにPSUぶろぐ(跡地)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる