旧:おもにPSUぶろぐ(跡地)

アクセスカウンタ

zoom RSS Xeon X3350@3.2GHzでのFuturemark他ベンチ

<<   作成日時 : 2008/04/12 04:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


Xeon X3350を3.2GHz、8800GTS(G80) 640MBを、640/1512/2000にオーバークロックした状態で、FutureMark系ベンチを取ってみました。

グラフィックドライバは、GeForce(ForceWare) Release 174.82+Laptopvideo2goのパッチを当てて使用しています。
OSはVista Ultimate x64 SP1です。

各Mark値をクリックすると、Futuremarkの、詳細/比較ページを表示します。

Super PI 1.5XS 1M 15.501Sec

3DMark06 12538 Marks

3DMark05 18062 Marks

3DMark03 36756 Marks

3DMark2001SE 42302 Marks

PCMark Vantage 5844 Marks

PCMark05 10141 Marks

FFXIBench3 8872-H

マザーボードがRampage Fomula(X48)になっているように見えますが・・・怪しいBIOS0219で、マザーはMaximus Fomula SEです(ぉ
このBIOSだと、UMAXメモリが1066GHzで通らなくなってしまっていますが><
BIOS戻すと、Vistaの再アクティベーションが発生し、面倒なのでそのまま(ぉひ


Core2 Quad Q6600@3GHzから、Xeon X3350@3.2Ghzとクロック的にあまり変わっておらず、かつ、VGAもドライバの変更のみと、ほぼ変わらないと思ってましたが、数百から数千くらいの差ですべてのベンチでスコアアップしています^^
Q6600のベンチは過去の記事


なによりもうれしいのは、WMVエンコの高速化ですね。
30分番組を、WMV Advanced Profile 1Pass Quality VBR/WMA 10Pro 2PassVBRで、TMpgEnc4.0のフィルターなどを駆使して、Q6600@3.2GHzで1時間切れなかったのですが・・・
X3350@3.2GHzでは、なんと37分前後(@_@;)
Yorkfieldに搭載されたSSE4.1のおかげですかねぇ
Vista SP1でWindows Media Codecが更新され、4コアフルに使うようになったおかげなのか?
これはとってもうれしいです(^O^)/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

Xeon X3350@3.2GHzでのFuturemark他ベンチ 旧:おもにPSUぶろぐ(跡地)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる