旧:おもにPSUぶろぐ(跡地)

アクセスカウンタ

zoom RSS メインPC、水冷環境更新〜(なぜか長文)

<<   作成日時 : 2009/02/22 03:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 

MainPC_CosmosS

 

いやぁ・・・時間かかりすぎました><

2度のハプニングにもめげず、なんとか、メインPCの水冷環境パワーアップすることができましたよっと^^

 

一応、現在のメインマシンの水冷環境を・・・

 

CPU水枕 Aquacomputer Cuplex XT di
GPU水枕 Aquacomputer aquagrafx GTX285
NB/SB水枕 BitsPower BlackFreezer AIX48NSF
VRM水枕 BitsPower BlackFreezer AMOSI
ポンプ Laing DDC-1 Plus
+Alphacool G1/4 Attachment
リザーバー XSPC 5.25 Bay Reserver Clear
ラジエーター HadwareLabs Black ICE GTX360
水温計 BitsPower G1/4Thermo

 

GeForce GTX285を導入したことにより、DDC-1 Plus(Alphacoolのリザーバー付)を、Super Flower SF-561Sに、ふつーに収めることができなくなっていました。

もともと、GTX285購入前より、購入後、即水冷化する予定でしたので、1スロット化すれば確かに入るのですが、今度は、冷却が追い付くか疑問だったという^^;

 

もともと、E-ATXマザーをこのんでつかってたので、無理やりなことしなくてもE-ATXマザーが入るケースもほしかったのです。

静音性と冷却を考えるなら、Cooler MasterのCOSMOSかなぁと思ってたのですが、12cmX3積んだら、かなり冷えるだろうなぁと思い、結局COSMOS Sに落ち着きました。

VGA交換時に、水を抜くのは面倒なので^^;

KoolanceのQDCを使用してみようかと計画したり、途中、(Core2というか、Maximusでは)やる予定のなかった、NB,SB、VRM水冷化まで入ってしまいましたが、結果としてはよかったかと^^;

 

今回は、すべて、ID8mm、OD11mmで統一できたらいいなぁと思い、基本、BitsPowerの11/8ストレートフィッティング、90度エルボ、90度IGアダプタ、45度IGアダプタを使用しています。

QDCはKoolanceのVF-3MGおよびFGを使用し、Bitsの中継コネクタやIGアダプターなどを使用してつなげていたり・・・

チューブは、CoolingLabさんの11/8ハードタイプを3m購入して、すべてこのチューブで統一しています。

ノーマルタイプはつかってませんが、このチューブなかなかいいですねぇ。

曲げにもつよいし、そこそこの柔軟性もあって、いろいろつかえます^^

AlphacoolのPVCは硬すぎて・・・普通のPVCチューブはやわくて、すぐつぶれてしまいましたから><

ま、用途により使い分けていましたが、今後も、この11/8ハードタイプこれつかいたいなぁ・・・でも限定品なのよね><

 

まず、SF-561Sから、Maximus Formulaや、移植ものもろもろとりだして、まずは、Maximus Formula SEの純正銅ブロックヒートシンクの取り外し・・・

XtremeSystems.orgでも報告されていたとおり、Maximus Formula SEのヒートシンクは、がっちりくっついているので、取り外しは正直怖かったです。

いあ、X38のスッポン画像みせられちゃぁ・・・ねぇ?

 

まずは、NB上の4つのねじを外し、SBを止めてるクリップをマザーボードから外しました。その後

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こんな、パッキンをMB上に敷いて、NBブロックのメモリ側から半丸ヤスリを、部品に注意して水平に差し込み、そっとたてたところ、あっさりと・・・(汗

 

そして、衝動買いしてしまっていた、Bits Powerの BlackFreezerを取り付けていきました・・・が、ここでひとつ目のハプニングが・・・

ま、少々パニクって写真撮ってないですが、VRM水枕を取り付ける際に、ねじが折れました(号泣

EKのBackplateも一緒につけているので、ネジを別のものにしていたのもあったようです><

ま、ドリルで3mmの穴をその場に開けて、M3-15ねじと、角ナットでとめました(ぉ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

VRMは、BitsPowerの90度エルボでまげて、チューブで直線にと・・・おもっていたのですが、いざやってみると、cuplex di xtのリテンションが邪魔になり・・・NBから左VRMは少々の曲げでよかったのですが、左VRMから上VRMはさすがにどうしようもなく・・・一応、スプリングをいれてはありますが、いらなかったのかも^^;

 

次に、GeForce GTX285を〜

Aquacomputerのaquagrafx GTX285を、Aquatuningから購入済みで、そちらを取り付けました〜

一緒に、シングルブラケットも購入していましたので、1スロット化しています。

SLIのインジケータ用のクリアパーツはそっと動かしてあげると、基板からぬけてきます〜

・・・1スロット化すると、LEDみえないのが厳しいところですが・・・うちはSLIできないし(ぉ

 

aquagraFX285_with_Zotac_Amp

 

まあ、こちらはトラブルもなく?

(ネジまわしすぎて、あり得ないくらい基板がゆがんで、あわてて直したのは内緒)

 

COSMOS Sに電源などを配置して、いろいろ裏配線してみたり・・・

BlackICE GTX360のプッシュプル構成で、ほんとぎりぎりいけるのを確認してみたり・・・

で、こんな感じになりました。

 

MaximusFormulaWaterCooling_3_3

 

GTX285はQDCで切り離せるようにしたかったので、ポンプーQDC−GTX285−QDC−BlackFreezer(NB-SB一体型)としています。

結構めんどくさかった;;

ちなみに、CPUからBlack ICE GTX360へもQDCを使い、いざとなったら、マザーごと取り外せるようにしようかとも、思いましたが・・・無理ですた><

このフィッティング位置ですと、厳しすぎる;;

XSPCの5インチリザーバーですと、Black ICE GTX360で、フィッティング位置を前にすると、リザーバーをぎりぎり上までもってくると、チューブを通すのがむずかしくて;;

EKの2スロットのスピンリザーバーですと、奥行きから、COSMOS SにBlackICE GTX360を入れるとデッドスペースとなってしまう、5インチベイ2段に入れられるんじゃないなぁ・・・EKにしとけば・・・これも解決しただろうなぁ><

 

で、ハプニング2つ目は・・・

とりあえずポンプだけを動作させて、水漏れチェックをしようと、リザーバーにクーラントを入れ、DDC-1Plusを稼働させてみました。

すると、ずーっとエア噛みしていて、全然流れない・・・おかしいなぁとオンオフを繰り返していたら、

 

ぶしゅうぅぅ

という音が(;一_一)

あわててみてみると、BlackFreezerあたりからぶしゅうぅぅという音とともに、クーラントが噴き出している(号泣

 

BlackFreezerかとあせりましたが、調べてみれば、BitsPowerの11/8、90度エルボの回転部分からふきだしているっぽい(@_@;)

 

別の同型エルボに交換してみると問題なし・・・

フィッティングで不良にあたったのは初めてでしたよ・・・

 

とりあえず、乾かしついでに、水漏れテストを〜

その間にKAZEMasterやら、電源位置が下になったことで、AC電源ケーブルが届かない;;ので、3mのACケーブルやらを買ってきてました^^;

 

8時間程度テストをして、漏れがないのを確認して、いざふたを閉めようとすると・・・

 

裏ぶたしまらにゃい><

COSMOS Sの電源の手前に、いい感じで電源ケーブルを裏に通せるホールがあるんですが・・・裏ぶたの補強部分と位置がばっちり(ぉ)で、ふたが閉まらなく・・・

電源ケーブルの配置を全部やりなおしましたとさ;;

 

KAZEMAsterの接続も確認し、フタを閉めて、いざ、電源スイッチを・・・反応ない・・・よくよく見てみると・・・COSMOS Sはタッチセンサースイッチのかねあいで、付属のATX24ピン延長ケーブルが特殊になっています。これを間に入れたら、20ピン、24ピンの分割ラインがゆるく、4ピン入って、20ピンのほうが半端とか、その逆とか;;

 

MaximusFormulaWaterCooling_3_4

 

8時間で大丈夫かと思いながら・・・(特にぶしゅうぅぅの後遺症)改めて電源をいれてみると、すんなりと動作しました〜(^O^)/

 

遅くなりつつもPSUの虹カフェにいって、新みっしょんを何回かやってきましたが、アイドルでGPUの温度は、空冷85%の際は43度、今回の水冷化で34度と、10度近くさがってますねぇ。

PSU、Combined AA 8xSですと、空冷でも62度と、AAなしより10度高いのですが、水冷化では、58度でした><

締め付けよわかったかな・・・

 

追記

締め付けの調整後、48度くらいになりました。Vantageでは67度・・・空冷のときは85どいってましたから、冷えるようになりましたねぇ

 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

PSU終了後の温度をとってみました。KAZEMASTERで表示させてます。

RPMは左から、20cmファン、上部12cm排気側ケース前、中、後ろとなっています。

温度は、左から、水温、ケース下吸気、ラジエータプッシュ側吸気温度、ラジエータプル側排気温度です。

水温と排気温度は同じ・・・、ラジエータ吸気温度と水冷は1~3度程度と、かなり冷えているのはわかるのですが、今回CPU,NB,SB,VRM、GTX285と、ほぼ水冷化してるので、ケース内温度(吸気とラジエータ吸気温度の差)が結構あるので、1066メモリなのかなぁ・・・やっぱりHDDか・・・5台つんでるし><

 

everest_detail

 

これは、PSU終了後のEverestによる温度表示です。

NB,SBともに、空冷時より10度くらいさがってますし、なにより、MB温度も10度以上さがってますから、水冷化の効果はありますねぇ^^

うちのXeonはセンサーのはずれ品なのか、Core0,1の温度が高い・・・

温度があがるにつれて、Core2,3とおなじになっていくので、センサーの設定なんでしょうねぇ・・・

 

なにはともあれ、かなり冷えるようになって、安心してます^^

以降、Corei7にするまでは大きな変更はない・・・とは思ってますが(滝汗

Koolanceのフローメーターはほしいなぁ(ぉ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご苦労様ですた
COSMOSといえども詰め込むと大変そうですね・・・
ところでX48ってめちゃくちゃ熱くなりませんかね?
我が家ではいつも70℃越えだったのでチップセット水冷必須だなと思ってたのですが・・・
ヅネ
2009/02/22 13:19
>ヅネさん
ありがとうございます〜
COSMOS S、内部は広いんですが、裏ぶた(ケース正面から右のふた)の補強部分が厚いので、場所により裏配線がとってもつらいです><

X48もX38も発熱に関してはあまり変わらないとは思ってますが、うちのX38はよく考えたら、NBは水冷してた(汗
友人にRampageユーザーがいますが、そこまで上がったとは聞いていませんねぇ。
もしかすると、ヒートシンクがうまくついてなかったのかもしれません〜
ぶりちゃん
2009/02/22 18:59

メインPC、水冷環境更新〜(なぜか長文) 旧:おもにPSUぶろぐ(跡地)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる