旧:おもにPSUぶろぐ(跡地)

アクセスカウンタ

zoom RSS GeForce 8800GTS/Vistaでのイルミナスのグラフィックオプションを考える

<<   作成日時 : 2007/10/08 01:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

GeForce8800GTSのおかげで、桜華の法撃でもコマ落ちせずに60フレ描画できていますが、グラフィックオプションの違いで結構変わるものですねぇ。

ぶりちゃんは、RivaTuner2.0.5と、nHancer 2.3.1でいろいろいじっています。
PSUイルミナスグラフィックオプション

フレームスキップ0
ディティール
クリッピングすべて最大
テクスチャ通常
異方性フィルタオフ
MIPMAPオフ
モーション計算ハードウェア
ポストエフェクトオン
シャドウマップエネミー
LODハイモデル64
LODローモデル32
LODモデル表示バッファ32

異方性フィルタとMIPMAPはイルミナス本体ではオンにしないほうが綺麗ですよね。

ドライバオプションは以下のとおり。
以下は、RivaTunerおよびnHancerで設定しています。

グラフィックオプション

QualityHigh Quality
Texture FilteringForce Trilinear
Anisotrophic
(異方性フィルタリング)
16x
Antialiasing2x2 SS + 8x RGMS
Enhanced AA有効
Gamma Collection有効
Transparency AntialiasingSuper Sampling
Vertical SyncApplication
Negative LOD ClampAllow
LOD Bias-0.125
Antialiasing Compatibility0x00000045
(for Oblivion AA+HDR)
HighDynamicRange(HDR)Enable
ToolsRiva Tuner 2.05
nHancer 2.3.1


イルミナスでもアンチエイリアスはだめなようで・・・半透明AAは動いてるっぽいのですがねぇ。
・・・うーん、以前、某ミドルウェアを扱ったときに、アンチエイリアスが禁止されていた覚えがありますが・・・まさかねぇ。


ForceWare Xtream-G 163.71 Betaでのシャトのアップはこんな感じです。

画像


GeForce8xシリーズらしい描画ですねぇ。
8600と8800ではあまり違いがないようで結構ありました。
一番大きい違いは、陰影のグラデーションですねぇ。
グラデーションの滑らかさが、8800では段違いにいいです。

現在は、ForceWare Xtream-G 163.71 Finalを使用しています。
でも、今のドライバじゃ8800の機能を生かせてないといううわさも聴きますし・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

GeForce 8800GTS/Vistaでのイルミナスのグラフィックオプションを考える 旧:おもにPSUぶろぐ(跡地)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる