旧:おもにPSUぶろぐ(跡地)

アクセスカウンタ

zoom RSS Maximus Formula Special Editionを導入、Hi-Endマザーはいいね

<<   作成日時 : 2008/01/05 19:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年28日に導入して、いろいろいじり倒していた、ASUSのR.O.G.シリーズ、Maximus Formula(Special Edition)です。
Intel X38 Expressチップセット搭載、8フェーズ電源や、水冷対応のFusionBlockなど、重装備マザーボードでし。

Brichanは、i440LXや、i875、i955Xなど、デスクトップ向けHi-Endチップセット搭載のマザーを使用していた経験上、やっぱり安定性は高いと思っていました。
ECSのP35T-Aを購入したのは、X38がまだリリースされていなかったことと、IntelNIC搭載で安価なマザーだったから・・・だったんです。
地元でX38マザーを探すとなると、ASUS、Gigabyte、Intel純正くらいしか見かけなく・・・

Gigabyteの温度報告の癖に閉口、IntelはDDR3対応しか出ていない、そして、何よりも、拡張スロットのデザインが気に入らないなど・・・いろいろありました。
ぢつは、ASUSは、P/I-P55T2P4という、今では知る人も少ないだろうマザーボードでさんざん懲りまして・・・論外だったのです。
しかし、最近のP965系マザーの評判もあり、買ってみようかなという気にはなっていました。

ぶりちゃんの現在のマザー選定の条件は、
・Intel Gigabit NICオンボード
(蟹は論外、Marvellも地雷が怖い、Broadcomは、以前TCPチェックサムをすべてエラーで報告するチップ/ドライバに逢って信用してない)
・PCIスロットが最低1あること。(もちろんESI Juli@専用)
・PCI Express x16 最低1(2スロット占有しても他の要件を阻害しない)は必須として、
 他、最低でもx4以上のスロットが1つはあること。
・DDR2メモリ対応

この条件ですと、X38は全く当てはまらないんですよね><
とりあえず、Intel PRO/1000 PTまたはGTを装着するということで、
P5EまたはMaximus Formulaとなりました。
でも、Maximus Formulaなんてもう売ってないでしょうとおもってたら、地元のパソコン工房にころっと転がっているではありませんか(@_@;)

画像


というわけでお買い上げ(ぉ

別付けサウンドカード(PCI Express接続でオンボードを延長したようなもの)ははっきりいって使いたくないのでそのまま放置、ESI Juli@ Natural、Intel PRO/1000PT、GeForce 8800GTSを組み込んでサクッと起動してくれました。
RAIDもこの際だから、ICH9Rに移行しようかと考え、バックアップをとったのち、動作させてみたところ、とたんに不安定に><
RAID使うと、ICH9Rの発熱がすごいのね・・・というわけで、残りのPCIスロットに、いままでどおりのPCI RAIDカードを差しています。

UMAX Castor LoDDR2-2GB-800-R1ですが、DDR2-1066のOCでMEMTest86+は5回PASS(電圧1.94V)できたのですが、Vistaでは安定しない?ようなので、DDR2-800に戻して使用、CPUは、Q6600 3GHz OC(電圧Auto,C1E及びEIST有効)のままです。
しかもDDR2-800のほうが、微妙にSuper PI 104万桁はやいし(ぉ

そして、せっかくのResalator 1による水冷、Fusion Blockも水冷接続にしてみました。

画像


CPU Water BlockのあとにFusion Blockを通るので、そんなに冷えていないようですが、効果はありますね。4,5度は違うようです。

さすが、ゲーマー向けマザーということで、ふつーなら必要のない機能てんこもりですね(汗
バックパネルにCMOSリセットスイッチ(笑)とか、マザーボード上に、電源/リセットスイッチはもちろん、バックパネルからケーブルを引っ張って外にだす、LCD POSTERなどもあります。
マザーボード上のファンコネクタも、CPU、POWERはあたりまえとしてケース3か所、オプション3か所の合計8コネクタ(@_@;)
温度センサーもオプションファンコネクタとセットで3つセットできます(別売りなのが悲しい)
BIOSの設定項目も細かすぎて、一般の人はパニクること請け合い(汗
CPU、M/B、ノースブリッジ、サウスブリッジ独立の温度センサーがとってもうれしいです。
LCD POSTERは、BIOSのPOSTコードを表示、通常起動中は、時計またはユーザー設定文字列を表示するようで・・・
残念なところは、基板上にソケットがあるため、取り外すのに一苦労するところですかねぇ。

PC環境



CPU Intel
Core2 Quad Q6600
Kentsfield G0
FSB333 3GHz
M/BASUS
Maximus Formula
(SE)
intel X38+ICH9R
MEMUMAX Castor
LoDDR2-2GB-800 R1
2GB X 2 Dual Channel
CL5-5-5-18
VGAInno3D
GeForce8800GTS
PCI-E x16 640MB OC 640/1500/1000
ForceWare 169.28 Beta
HDD
(MAIN)
Hitachi
HDT725032VLA360
S-ATA2 320GB HDD
Drive
(MAIN)
PIONEER
DVR-A11JSV
 
NICIntel
PRO/1000PT
Gigabit Ethernet
Intel ProSet 12.3
PADXBOX360
Wireless Controller
Non Official Driver
SOUNDESI
Juli@ Natural
PCI Audio Interface
Unified Driver x2v-0.979
OSWindows
Vista Ultimate x64
 
FlashMEMA-DATA
PD7-200X 4GB
USB2.0 フラッシュメモリ 4GB
Windows Ready Boost 専用
CoolerZALMAN
Resalator1
青い巨塔

ベンチ結果は、P35の時よりも少々上がった程度。
Super PI 1M 17.633s

以下、Mark値をクリックすると、Futuremarkの詳細、比較サイトを表示します。
画像

3DMark06 12269 Marks

画像

3DMark05 17409 Marks

PCMark Vantage 5329 Marks

Intel X38マザーということで、PCI Express 2.0 x16対応となりましたが・・・物欲とはおそろしいもので、2.0対応のグラボをつかってみたくなりました。
おとなしく、88GTまたは、88GTS/512をまてばよかった・・・
Yorkfieldが控えてるのでまだまだ先ですがねぇ。
Core2 Extremeは使ってみたいけど、お値段が><

さすがに、購入が、28日ということで、ASUS18周年大感謝祭には間に合いませんでした><
ちょっと残念・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

Maximus Formula Special Editionを導入、Hi-Endマザーはいいね 旧:おもにPSUぶろぐ(跡地)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる