旧:おもにPSUぶろぐ(跡地)

アクセスカウンタ

zoom RSS PSU、Windows7 RCと190.38とアンチエイリアス

<<   作成日時 : 2009/07/25 04:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/17追記 この項目は、ブログ移転前の旧コンテンツです。
PSUのアンチエイリアスについては、現在のブログ、http://psu.brichan.jp/blog/で公開しています。
また、検証結果については、現在のブログにて、PSUでのアンチエイリアス設定にまとめています。

以前書いた、Windows 7 RCでのnProtect Game GuardエラーでできなかったPSUですが・・・GC強化のメンテ後に、nProtectのアップデートがありまして、もしかしてできるかなぁとは思っておりました。(某掲示板でも動作報告ありましたしねー)

 

7/26
Windows 7 RCでアンチエイリアスを行った際、WMPのビデオ再生の問題および回避方法を最後に追記

 

まあ、イベントやらなにやらで、やっと試す環境を〜

以前の状態から始めてみたところ、nProtectのアップデートをすっ飛ばしてPSUのウィンドウが表示された後、えらーとなって起動しないので、今回は、PSUをアンインストールの後、再インストールして、一気にアップデートをかけたところ・・・

 

psuIlluminus_ChibiFiana_ice2009_onWin7RC

 

すんなりと動いてしまいました^^;

ハードウェア環境はVista x64 ultimate SP2とほぼ同じ(メインHDDのみ、HGST P7K500 500GB)です。

OS:Windows 7 Ultimate RC x64

Windows Vista Ultimate x64 SP2

 

PSUグラフィック設定

フレームスキップ 0
エフェクト
クリッピング シーン
オブジェクト
プレイヤー
テクスチャ 通常
異方性フィルタ OFF
MIPMAP OFF
モーション計算 ハードウェア
ポストエフェクト ON
シャドウマップ エネミー
LOD ハイモデル 64
ローモデル 32
モデル表示バッファ 32

ForceWare 190.38ドライバ設定

Ambient Occlusion
(185.20Beta以降)
ON 0x10200(Testing)
Anisotoropic Filter 16x
Anti Alias Combined 8xS
Transparency AA Super Sampling
Gamma Collection Enable
Enhance in-game AA Setting Disable
Texture filterling High Quality
LOD Negative BIAS Allow
Adjust LOD BIAS -1.000
AA Compatibility 0x88000243
Force mipmap Trilinear
HDR Enable

 

パフォーマンスはVistaのときと変わらず、GeForce GTX285 Combined 8xS、Transparency-AAもSuperSamplingで、こま落ちを感じませんねぇ。

 

やっと、Windows 7RCに環境を移せそうです〜

RCからRTMへのアップグレードは不可ということで、予約済みのWindows 7 Professionalには、また環境移し画必要になりそうですが・・・

 

いまさらですが、、190.38BetaおよびWHQLは、Vista x64でもアンチエイリアスはかかっています。

ただし、nHancer 2.5.1で、Profileではかからない可能性が高いです><

190.xxでは、ドライバ、nHancerのどちらが原因なのかはまだ不明ですが、ProfileでAA-Compatibilityが正常に動作しないようです。

 

また、おせっかいながらも・・・

nHancerがAAをかけるためのツールというように思われている方もいらっしゃるようなので、記載しておきますと・・・

nHancerは、あくまで、GeForceドライバのオプションや、プロファイル設定をGUIで変更するためのツールです。

nVidiaコントロールパネルでは隠されている部分まで設定できるので、便利なツールですが、PSUにAAをかけるためのツールではないですし、AA Compatibilityは、やろうと思えば、nHancerなしでもできないわけではないです。

レジストリの特定のキーの値を変更しているだけにすぎないのですから^^;

Radeonでできない(と思われる・・・私は未検証)のは、nHancerがATIに対応していないのはありますが、それ以前に、ドライバにAA Compatibilityのような、アンチエイリアスの互換性を調整できるオプションがないからということになります。
もしも、そのような項目があるのなら、ATI Tray Toolあたりでできそうですよね・・・

 

もうひとつ、GeForceでも7x00以前でアンチエイリアスがかからないのは、HDR+AAに対応したのがGeForce8x00からです。
PSUはHDR効果を使用していて、その状態でアンチエイリアスがかかるのは、GeForce 8x00以降で対応された機能です。以前の記事で、G80以降と記載していて、ではG80=8800なので、それ以下の8600GTじゃ無理なの?といわれそうですが、G82やG84はG80より後にでたものですので、対応しています〜

まあ、アンチエイリアスはとっても重い処理なので、8600GTでかけると大変なことになりますけどね><

現在、Win7のHDDはeSATA接続・・・HDD水枕取り外して、HDD交換しなきゃ・・・結構めんどうそう><

 

7/26追記

 

えー、PSUはアンチエイリアスでこま落ちもなく、イベントミッションも4人でこま落ちを感じることもなくプレイしていますが、他の部分に影響が出ました><

Windows Media Player 12でWMVやAVIなどすべての動画が正常に再生できなくなっています。(ビデオのみ、音声は正常)

PowerDVD 9 Ultraも使っていますが、こちらや、IE上のSilverlightでは正常に再生されてます。

ネット上に情報はまったくなく、とりあえず、ドライバ周りをしらべていたところ、nHancerのGlobal設定でAA-Compatibiltyフラグを設定したため、不具合が発生していたことが判明><

はずしたり、他のプリセットに変更すると正常動作するという^^;

Profile設定が使えれば一番なのですが、190.38では正常に動作しないようですし、nHancerからも正常に設定できない、さてどうしよう・・・ということで、解決策を見つけました。

nVidia コントロールパネルの

3D設定ー3D設定の管理ープログラム設定タブで、Windows Media Player、Windows Media Centerのそれぞれの、

アンチエイリアシングーモード アプリケーションによるコントロール

に設定することで解決しました。

 

psuIlluminus_AASetting_AvoidWMPWMC

 

・・・ま、まあ、これは応急的な処置ですが^^;

他のプレイヤーでも同様の現象が現れた場合は、このような回避策が使えるとは思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

PSU、Windows7 RCと190.38とアンチエイリアス 旧:おもにPSUぶろぐ(跡地)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる